楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
牛泥棒 木原 音瀬 (著), 依田 沙江美 (イラスト)
木原 音瀬
ファンタジー
穏やかに胸が疼きます(>_<)
幻想的な透明感のあるファンタジーで、しっかりBL

 
木原音瀬さんの「牛泥棒」を読んでみました♪
木原さんにしては痛くないお話でよかったです(ほっ)


JUGEMテーマ:BL小説
-------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)
大学で助手をしている亮一郎は年上の口のきけない使用人・徳馬に密かに心を寄せていたが、
想いを告げられずにいた。

幼い頃から傍にいてくれた徳馬は、短気で我が侭な亮一郎にとってかけがえのない存在だったのだ。
関係を壊すより、侍従関係のままでも徳馬を傍に置きたいと亮一郎が思い始めていた矢先、
徳馬が突然暇を願い出た。許せない亮一郎は怒りで徳馬に冷たくあたるが…。

-------------------------------------


時代は明治くらい?
ちょっと昔の風俗がなんとも色っぽい・・・
妖怪が出てきたり幻想的なストーリーです。


主人公の徳馬が一途だし、亮一郎と両想いになってからが
ラブラブでいい感じです。


明治ものが好きで、痛いのは嫌!という方におすすめです♪


タイトルだけ見ると「どうかなぁ・・・?」って思ってしまったのですが、
ハッピーエンドが好きな私には大満足の1冊でした


Amazonのレビューでも好評です⇒牛泥棒 (ホリーノベルズ)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 木原音瀬 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | 01:15 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック