楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 榎田 尤利 (著), 茶屋町 勝呂 (イラスト)
榎田 尤利
BL小説の範疇を超えている秀逸作!!!
みんな不幸過ぎる...かな?
最高傑作。


榎田 尤利さんの「夏の塩」

白い表紙の新装版を買いたいと思っていたけど、
2冊買うと3,600円(^^;)

でも読みた〜い・・・ と思っていたら図書館で発見!
1巻だけ借りました。


JUGEMテーマ:BL小説

----------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)

学生時代からの友人・魚住に勝手に居候を始められた会社員・久留米。
心因性の味覚障害に陥ったり拒食症で倒れたりするなど問題多発で、
顔はイイが不運三昧の男・魚住の世話を不満タラタラで仕方なく焼くうち、
無自覚で芽生え始めた感情があった…。
鈍すぎる男達・魚住と久留米の人気シリーズ、第1弾。 

----------------------------------------------
 
主人公の魚住くんは顔はきれいだけど、どちらかというと顔のせいで
余計な苦労をするタイプの無機質な男。

何にも執着がなく、ほっておいたら何も食べずに餓死しそうな感じ。

そんな魚住くんがほっておけなくて結局同居している
面倒見のいい久留米。

そんな二人は、個性的な仲間に囲まれて暮らしています。


そのうちに、お互いがお互いを見て、ドキッとしたり、
性的なものを感じていることに気づくのですが、
ふたりとも「絶対知られたらダメだ」って思っているんですよね。


こんなふたりがどうくっついていくのか、
続きが読みたくて仕方がありません。


まだ1巻だけしか読んでいませんが、
Amazonのレビューが抜群 ⇒ 夏の塩 (SHYノベルズ)
なのもありますが、絶対に読む価値あり!と思います。


個人的評価は今のところ★5つ!
もっと早く読めば良かった・・・!と思ってしまった本です。
 
 
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | 13:35 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック