楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
幸村殿、艶にて候6   秋月こお (著), 九號 (イラスト)
秋月こお
コメント:今回もおもしろい!
才佐ファンにはたまりません
もう、6巻



5巻で終わっちゃったのかな・・・と思っていたけど、いつの間にか出てるしっ!6巻!

というわけで、Amazonさんで1クリック注文!
すぐに届いたけどレビューは遅くなりました。


JUGEMテーマ:BL小説

----------------------------------------

内容紹介
島津征伐のための、九州探索行から戻った幸村。
一時上杉景勝とも別れ、故郷・上田で久しぶりの父・昌幸らと過ごすのだが、
それもつかの間、今度はいよいよ天下統一を目前にした、秀吉の小田原攻めに
参加することになり…!?

内容(「BOOK」データベースより)
関白秀吉の九州平定がついに終結!!帰国の途についた真田幸村一行は、
小倉で武将・前田利勝に再会する。眉目秀麗な名家の青年大名は、
幸村の才智と色香に一目惚れ!!「おぬしと念友になりたい」と口説かれてしまう。

一方、そんな幸村に常に寄り添い、激情を押し隠して伽を務める猿飛び佐助は、
己の未熟さと経験不足を痛感。日頃敵対視している霧隠れ才三に、夜伽の指南を受けることに。

----------------------------------------

舞台が九州から故郷に戻ります。

幸村×佐助のからみは少なく、幸村殿は景勝殿とラブラブ・・・
そこへ、景勝の正室菊の横槍が入って、恋愛心理合戦⇒夜這い攻撃へ(笑)


この菊姫は武田信玄の娘で、なかなかの曲者なんですよね。
かわいい笑顔の下に嫉妬の顔が・・・

景勝殿が小姓に走るのは昔からのことだけど、幸村殿のさわやかさに
むかつくんですよね。

実際、旦那にこんないい男で色っぽい恋人がいたら、
絶対に横槍入れたくなると思うっ!



一方伽の出番が少なかった佐助は、幸村に未熟さを指摘され、
才三に夜伽の指南を頼みます。

何となく佐助と才三の雰囲気が親密!?と幸村が6巻の最後に気づき・・・


あ〜!ここで終わり!?


と佐助&才三ファンにはジタバタの展開でした。

Amazonのレビューでも同じようなことが・・・⇒幸村殿、艶にて候6 (キャラ文庫)  



もうっ!早く7巻読ませてくださいっ!



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 秋月 こお | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | 23:24 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック