楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
さようなら、と君は手を振った  木原 音瀬 (著), 深井 結己 (イラスト)

木原 音瀬さんの「さようなら、と君は手を振った」の漫画を買ってみました。
実は小説はまだ読んだことがなく、誠一が田舎に迎えに行く場面は、elgoで読んだことがありました。


JUGEMテーマ:BL小説
 
-------------------------------------------

内容紹介
従兄弟の誠一を一途に尽くす啓介と、誠一の切ない恋愛物語が実力派・深井結己により、
ついに漫画化となって登場!!

久しぶりに会った従兄弟が運んできたのは、ほろ苦い青春の記憶だった…。

従兄弟の氷見啓介が田舎から上京してきた。なし崩しの面倒を見ることになった誠一は、
アパート探しを手伝いながらも、実は気まずい思いだった。
十年前の夏、啓介に心酔した誠一は、「高校を卒業したら迎えにくる」と約束したまま、
戻らなかったのだ。
相変わらずのダサいメガネ、髪形、服装にうんざりしつつも、誠一は再び欲望のままに
啓介を抱くようになる。
しかし啓介は優しく受けとめるだけで…。
その後を描いた書下ろしあり!

原作:木原音瀬
-------------------------------------------


う〜ん・・・ぱっと読んだだけでは、誠一って軽薄だなぁ、とか
うわべだけ見ていることになりそうですね。

だって、啓介をかっこよくしてお店に遊びに行ったときに、
狙っている女が啓介に声をかけたことに腹をたてて啓介に・・・

しかもその後、啓介を女装させてまたそのお店に行って、
狙っている女に美人になった啓介を見せつけてヤキモチを焼かせて
彼女をGET。

その後その彼女に振り回されて、腹いせに啓介にひどいことを・・・



Amazonのレビューを見ると、
「そこでおわり?」という書き方をされている方がいらっしゃったので、
やっぱり小説読むしかないのか・・・

漫画としてはまとまっていたけど、やっぱり小説も読みたくなりました。


漫画の番外編では、子供と幸せに暮らす啓介のところに誠一が年に数回
訪れる話が載っていて、啓介は普通の幸せを手に入れたんだなぁって思ったのですが、
他の方のレビューを読むと嵐の前の静けさのようで、怖い・・・



あ〜やっぱり怖い、木原さん。
でも読まずにはいられない。

個人的評価は★4つです。


木原 音瀬
小説を読んでない方は…
小説世界がそのまま漫画になっている
帯に短かし……

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 木原音瀬 | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | 08:12 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック