楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
花舞小枝で会いましょう  鹿住 槙 (著), 夏乃 あゆみ (イラスト)
JUGEMテーマ:BL漫画

こちらはめずらしく漫画です。

------------------------------------------------------
(あらすじ:Amazonレビューより)
訳あって戸籍を女で出され、女として育った18歳の男の子・美月(みづき)。
2年前に母親を交通事故で亡くし、今はその保険金と料理店「花舞小枝」の
アルバイトで暮らしている。バイトでは「瑞城大介(みずきだいすけ)」という
偽名を使いそこでは男、自宅では和装の女の子という二重生活。

その家へ父親の代理人という弁護士・波多野が現れ、父親が認知したいと
言っていることを告げてくる。認知してもらえば遺産は数十億。突っぱねる美月。
この美月に惚れてしまい、仕事を越えて父娘対面を実現させようと説得する波多野。
この波多野が瑞城として働く「花舞小枝」の常連なもので、
美月は波多野の本音と建前とを両方聞くことになり、心が揺れ動く。
------------------------------------------------------
 
母親が子供を父親に取られたくないために、戸籍までいつわって女の子として
育てられた主人公の話。

普段は和装の女装で美しいです♪


最後は財産目当てと思って嫌っていた弁護士波多野さんとパッピーエンド。


なんとなく女装ものにありがちな、招待がばれそうになってハラハラ・・・
という場面が少なくて物足りない感じですが、無難にまとまっています。


自分として生きたい、そんなささやかな願いが、
結局まわりの人も幸せにするのかな。

個人的には★4つ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 鹿住 槙 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | 15:03 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック