楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
修羅の棺  長浜 幸子 (著)
長浜 幸子
コメント:あんまり知られていませんがすごくおもしろいです!
ドキドキ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 


背徳のマリアを読んでふと思い出したのが、長浜幸子さんの「修羅の棺」


背徳のマリアでは好きな男性のために性転換で女性になった人が
出てくるのですが、修羅の棺では不可抗力もあるものの、
死んだ父親&恋人(女性)の復讐のために性転換した男性が出てきます。


この本すっごくおもしろいのですが、意外と知られていないようですよね・・・
(Amazonのレビューもほとんどない)


ざっくりあらすじを書くと、
主人公の父親が亡くなったのですが、その死因が33年前の殺人事件がらみでの
他殺でないかと思って、いろいろ調べているうちに恋人も自分も暴行にあいます。


恋人は性的暴力を受けて窓から飛び降り、主人公は大事なところを
切り落とされてしまいます。


暴行を受けて倒れているところをニューハーフに助けられたことから、
主人公は女装して生活するようになり、やがてお店で働くようになります。


そのお店で自分に暴行した男と会い、気に入られたことから、
情報を聞き出しているうちに、自分への暴行は父親の友達が
指示したことがわかり、復讐していきます。


主人公の母親はすごくもてていたので、その母親そっくりの若い女性になって
殺人事件に関係していると思われる人たちに接触していき・・・


途中で正体がバレたりハラハラドキドキして面白かったです。
(特に5巻まで)




いい男が美女になって、どんどん男を落していって殺していく・・・
怖くて美しくて切ないですよ


おすすめです!




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 長浜 幸子 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-