楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
スウィーパーはときどき笑う 
 JUGEMテーマ:BL小説


久しぶりに読書日記です。
榎田 尤利さんの交渉人シリーズのスピンオフです。


前回の「交渉人は嵌められる」&「交渉人は諦めない」は、
どうしてもあんまり好きになれなくって、
交渉人シリーズ読むのやめようかな・・・って
思っていたんですけど、スピンオフは気になる二人だったので
まよわず購入(笑)


これはひさしぶりに当たり!の本でした。
ストーリーもしっかりしているし、交渉人シリーズを読んだことがない人でも、
おもしろいと思います♪







詳しくはAmazonのレビュー↑でいろいろ語られているので、
多くは書きません・・・が、評価は良いですよ〜!


奈良さんのイラストについては、個人的には以前の丁寧さがなくなって
ちょっと残念かな〜
(忙しすぎて労力かけられないんでしょうね・・・でもクオリティが落ちるのは
 プロとしてどうかな?と思ってしまったり。
 自分も忙しいと仕事が手抜きになるので気をつけようと思いました^^;)







にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
交渉人は嵌められる & 交渉人は諦めない 
JUGEMテーマ:BL小説


交渉人は嵌められる & 交渉人は諦めない 


7月29日発売ですがもう予約しましたか?
(私は見つけた瞬間、速攻で予約しました^^;)

榎田 尤利さんの交渉人シリーズの最新刊です♪

交渉人は嵌められる→上巻
交渉人は諦めない→下巻
 

だそうで、2冊同時発売です


交渉人は嵌められる (SHYノベルス)
交渉人は諦めない (SHYノベルス)


予約したからこれでもう安心・・・



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
Stepbrother 榎田 尤利 (著), 国枝 彩香 (イラスト)


榎田 尤利さんが好きなので読んでみた♪

 JUGEMテーマ:BL小説

Stepbrotherというタイトルの通り、親の再婚で義理の兄弟になった二人の話
しかも二人は同じ年で同じ会社(かたや上司)
というちょっとややこしい関係・・・


この本は、表紙でちょっと損しているかも


上司で美形の受は冷たい風貌なんだけど、すごくカワイイ人なんですよね
攻めも同僚に好かれるすごくイイヤツ


なんとなくお互い気になってはいるんだけど、上司と部下だったり
兄弟だったりするわけだから、気を使ったりしていて
何となくぎくしゃくしているんですよね


それが・・・


という感じで、リーマンモノが好きな方におすすめ、かな?






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |-
秘書とシュレディンガーの猫 榎田 尤利 (著), 志水 ゆき (イラスト)
榎田 尤利
猫探し・・・ではありません
構成としては一風変わった面白さ。文章的には笑いよりはしっとり系
作中の…

JUGEMテーマ:BL小説
 
この本も思った以上におもしろかった♪
Amazonレビューでの評判は正確だなぁ・・・

---------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)

シュレディンガーを正しく指摘したひとりに全財産を相続させる
―亡き祖父の遺言を聞くため古い屋敷を訪ねた舘を待っていたのは、
風変わりな猫探しの遺言と初めて会う従兄弟、それに祖父の美しい個人秘書、雨宮だった。

金と権力を信じる舘は、遺言の内容にうんざりしながらも屋敷に滞在することを決める。
一方、雨宮は初めて会ったときから、舘のことが嫌いだった。
それなのに、舘の挑発に乗ってしまい…!?甘くてほろ苦い大人の恋。

---------------------------------------------

亡くなった祖父に孫が3人


ひとりは会社の資金繰りが苦しい経営者
もうひとりは気楽な大学生
主人公の舘は金が好きなやり手若手社長


財産目当てだったり、とにかくいろんな思惑で
遺産相続権を手に入れるため、祖父の飼っている猫から「シュレディンガー」を
探すことになった3人とそれを見守る秘書・・・


最後はお金以外の大切なものも手に入れてしあわせに


全部遺産を残した祖父の計算どおりだったらすごいな〜
ハッピエンドが好きな方におすすめです!




秘書とシュレディンガーの猫 (SHYノベルス)







にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
犬ほど素敵な商売はない 榎田 尤利 (著), 志水 ゆき (イラスト)
榎田 尤利
大洋図書
題名からなんとなくずっと読まなかったけど、早く読んでおけばよかった・・
束縛されるのが好きな方へ
なりたい。


題名から想像したよりストーリーが良かった♪

JUGEMテーマ:BL小説


-----------------------------------------------------

内容紹介
★Pet Loversシリーズ 第1弾

悪い子だ。発情してしまったのか?
自覚のあるろくでなし・三浦倖夫は、うだるように暑い夏のある日、
会員制のデートクラブ「Pet Lovers」から「犬」として、寡黙で美しい男・轡田の屋敷に派遣される。
そこで倖夫を待っていたのは厳格な主人轡田の厳しい躾の日々だった。
人でありながら犬扱いされることへの屈辱と羞恥。
そして、身体の奥底に感じる正体不明の熱・・・次第に深みにはまっていくふたりだったが!?

-----------------------------------------------------

会員制のデートクラブ「Pet Lovers」では、
人間を動物にみたてて登録&派遣している

デートクラブなので、普通ならいくら「犬」として派遣されても
本当の犬のような扱いを受けることはないのに、
主人公倖夫の派遣先の轡田は、自分の犬のかわりに
倖夫を「犬」としてしつけていきます

皿から水を飲むなど、恥ずかしくてプライドが傷つく倖夫だったけど、
親の愛情に飢えて育ったから、犬として愛されることがだんだんと
幸せだと思えるようになっていきます

それに対して倖夫をしつけする轡田は、
恋人にはずっと自分の方をむいていてもらいたい
強力束縛タイプの男

愛情に飢えている男と強力束縛タイプの男は、
砂漠に水をまくように深みにはまっていき・・・・



ペットとして愛される「犬」は、ひたすら愛されて主人のことしか考えない
そんな犬ほど素敵な商売はない  っていうのが主人公の倖夫

とにかく愛されるって、本当にしあわせだと思います



好き好きオーラたっぷりの結末で、すごく良かったです♪




犬ほど素敵な商売はない (SHYノベルス164)






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
きみがいなけりゃ息もできない 榎田 尤利 (著), 円陣 闇丸 (イラスト)
榎田 尤利
こんなヘタレな男見たこと無いけど、そのヘタレ具合が可愛くて萌える!!
シリーズ最高傑作
ルコちゃん!


これはおもしろかった!好きな話♪

JUGEMテーマ:BL小説
 
---------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)

ルコちゃんという愛称でごくごく一部に熱心なファンがいる(らしい)
売れないマンガ家「豪徳寺薫子先生」こと二木。
生活能力赤ん坊なみの彼を放っておけず、幼なじみの東海林は
文字通り衣食住の面倒を見てやっている。

そんな折、二木にメジャー出版社での掲載のチャンスがきた。
二人の関係にも微妙な、そして大きな変化が―?運命の(!?)
再会を果たす大学生編「きみがいたんじゃ転居できない」を収録した新装版。

---------------------------------------------

漫画家の二木は家事能力ゼロで、幼なじみの東海林が
世話をしないと汚部屋で死んでしまいそうな人物

そんな二木にメジャー出版社掲載のチャンスがやってきて、
ちょっと人気が出てきて、押しかけアシスタントが二木の元に

「幼なじみの東海林さんから卒業しないと・・・」

って言われて、ふたりはちょっと距離をとるようになります



離れていると何となく調子がでないふたりだったんだけど、
その後、その押しかけアシスタント盗作騒動があって、
結果的には二木が、

きみがいなけりゃ息もできない

ってギブアップ


もう、いないと息ができないほど好きっていいなぁ〜〜〜


ごちそうさまでした★





きみがいなけりゃ息もできない [新装版] (ビーボーイノベルズ)





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
人形の爪 眠る探偵 I  榎田 尤利 (著), 石原 理 (イラスト)

榎田 尤利 さんの眠る探偵、何冊か出ているようですが、
1冊1冊エピソードが完結しているので1冊だけでも読みやすいです。

これは探偵ものでミステリーかな?

----------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)

東京都新宿区大久保、雑居ビルの四階に、美貌の眠る探偵・
市羅木真音が働く市羅木探偵事務所はある。

社員は探偵とその異父弟・不破隆、それに探偵の十四歳になる娘・笑子が
中心という、家族経営の良心的かつ小さな事務所だ。

そこに、ある日、ひとりの女子高生がやってきた。
母親から人形扱いされている弟をなんとかしてほしい、と。
それが悪夢の始まりだった。

----------------------------------------------


JUGEMテーマ:BL小説


美貌の探偵の真音は眠り病?で、しかもその眠っているときに、
他人の夢を内容を見てしまう特殊な能力の持ち主。

探偵事務所にはさまざまな相談者が訪れ・・・


基本的には相談者がいて、事件があり、その解決に向かって
ストーリーが進んでいて、BLとは言っても
べったりある2人の恋愛物語ではなく、たまにBLなことがある
という感じです。


べったり甘甘な恋愛ものがすきな方には物足りないかもしれないけれど、
あくまでストーリー重視の方にはおすすめです♪



ストーリーがしっかりしていて読み応えがあるし、
「なんであっという間にくっつくの???」みたいな、
不思議な展開がないので、安心して読めますよ(笑)


探偵モノ好きな方にオススメです♪⇒ 人形の爪 眠る探偵 I (講談社X文庫 ホワイトハート)









にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 榎田 尤利 (著), 茶屋町 勝呂 (イラスト)
榎田 尤利
BL小説の範疇を超えている秀逸作!!!
みんな不幸過ぎる...かな?
最高傑作。


榎田 尤利さんの「夏の塩」

白い表紙の新装版を買いたいと思っていたけど、
2冊買うと3,600円(^^;)

でも読みた〜い・・・ と思っていたら図書館で発見!
1巻だけ借りました。


JUGEMテーマ:BL小説

----------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)

学生時代からの友人・魚住に勝手に居候を始められた会社員・久留米。
心因性の味覚障害に陥ったり拒食症で倒れたりするなど問題多発で、
顔はイイが不運三昧の男・魚住の世話を不満タラタラで仕方なく焼くうち、
無自覚で芽生え始めた感情があった…。
鈍すぎる男達・魚住と久留米の人気シリーズ、第1弾。 

----------------------------------------------
 
主人公の魚住くんは顔はきれいだけど、どちらかというと顔のせいで
余計な苦労をするタイプの無機質な男。

何にも執着がなく、ほっておいたら何も食べずに餓死しそうな感じ。

そんな魚住くんがほっておけなくて結局同居している
面倒見のいい久留米。

そんな二人は、個性的な仲間に囲まれて暮らしています。


そのうちに、お互いがお互いを見て、ドキッとしたり、
性的なものを感じていることに気づくのですが、
ふたりとも「絶対知られたらダメだ」って思っているんですよね。


こんなふたりがどうくっついていくのか、
続きが読みたくて仕方がありません。


まだ1巻だけしか読んでいませんが、
Amazonのレビューが抜群 ⇒ 夏の塩 (SHYノベルズ)
なのもありますが、絶対に読む価値あり!と思います。


個人的評価は今のところ★5つ!
もっと早く読めば良かった・・・!と思ってしまった本です。
 
 
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
はつ恋 榎田 尤利 (著), 小山田 あみ (イラスト)
榎田 尤利
(2009-10)
コメント:これはやられました!
過去に戻って、初めて知った恋
17歳の体に31歳の心
交渉人の裏返し



榎田 尤利 さんの「はつ恋」読みました!
これはひさしぶりに★5つ。

交渉人シリーズより好きかも・・・



JUGEMテーマ:BL小説

----------------------------------------------
 内容(「BOOK」データベースより)

事故が原因で2度目の高校生活を送る久我山。
大人びて冷めた瞳の久我山に、担任の曽根は親身になってくれる。

うっとうしい教師だったはずの曽根を知るにつれ、
その甘い声をもっと聞きたくなってしまう久我山。
胸が痛むほどのこの想いに名前があるとすれば―恋。

しかし曽根には恋人がいるうえ、自分はただの生徒にすぎないと知り…。
それでも彼を守りたい。未来を変えるために、今、恋をする。
----------------------------------------------


主人公の久我山は31歳のエリート弁護士。

事故に遭いそれがきっかけで、
高校時代の自分の中に意識が入る経験をします。

17歳の久我山は当時、担任の曽根のことは「うっとうしい教師」だと思っていたけど、
31歳の久我山から見ると、先生の良さが理解できるんです。

そして、久我山は先生に恋するのですが、曽根にとって久我山は生徒だから、
「ただの生徒にすぎない」という態度で通され、失恋。

その後31歳の体に戻った久我山は・・・



この小説は、自分の今の心境にあったBL小説でした。

本当に、生きていないとハッピーエンドはやってきません。
つらいことがあったとしても、「生きていて良かった」と思える時がやってくるのは、
生きているからこそ。

生きているからこそ恋ができるんですよね。


31歳が17歳の時代に戻って初恋。 
恋して世界が変わったふたりを祝福します。

はつ恋 (ビーボーイノベルズ)









にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
榎田 尤利さんの「はつ恋」注文しました♪

最近気に入っている作家さんの榎田 尤利さんの本・・・

いろいろと読みたいけど、お金もかかるし・・・
悩んだ末、「はつ恋」を注文しました♪



JUGEMテーマ:BL小説
 
表紙もきれいだし、ちょっとSFっぽくておもしろそうなので
楽しみです(^^)

ちなみに地元の図書館で予約状況を見てみたら6人待ち!
(ちなみに3週間まで借りれます)

図書館にも榎田 尤利さんの本、結構そろっているんですけど、
気長に待てる本は図書館かなぁ・・・

読んだらまた感想書きますね〜


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 榎田 尤利 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-