楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
フェイクなくちびる バーバラ片桐 (著), 明神 翼 (イラスト)
  
またまた女装ものBLでバーバラ片桐さん♪


バーバラ片桐さんも女装の出てくるもの時々書かれていますよね
(結構好きです)


JUGEMテーマ:BL小説



これは、従姉妹のかわりに女装してパーティーに出ることになった主人公が、
パーティー出席者に求婚されまくって・・・というドタバタコメディかな?


この女装主人公とくっつく攻も美形さんで、女装するシーンがあります
(一応二人とも好きで女装じゃなくて、必要にせまられて・・・って感じ)


女装ものBLが好きな方はぜひどうぞ〜♪








にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | バーバラ片桐 | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
軍服の劣情に堕ちて バーバラ片桐
 
 
この本もAmazonの評価が高かったのと、バーバラ片桐さんなので
思い切って買ってみました★

JUGEMテーマ:BL小説

---------------------------------------------------------
内容(「BOOK」データベースより)
華族出身で陸軍きっての美貌の持ち主・花房俊香大尉はスパイ容疑で
囚われの身となる。『青い薔薇』というコードネームが花房だと上官の
栗原中佐が証言。独房で部下から淫らな拷問を受け、そこにかつての
忠実な部下・インテリでどこか影のある牧野中尉がやってくる。

花房は助けがきたと喜ぶが、牧野は口を割らせにきたと手錠で拘束し、
花房の身体に淫らな拷問を与え陵辱する。花房は屈辱と快感の渦に
巻き込まれそうになっていくが…。
---------------------------------------------------------

そうですね、★4つ!

Amazonのレビュー通り純愛ものです。
前半、受の花房大尉への拷問がかわいそうで☆-1に。

受の花房大尉は、スパイ容疑で理不尽な拷問を受けて、
いくら無実だと言っても誰も助けてもらえない・・・
(助ければ自分の身も危なくなるから)

そんな彼を助けてくれたのが攻の牧野。


戦時中の日本は、理不尽な思いを残して死んでいった人が
たくさんいるんだろうな・・・と悲しくなりました。

受の花房大尉が、攻の牧野の気持ちに気づいてくれて本当にほっとしました。


最後はハッピーエンドなのでご安心を。
できれば戦争が終わった平和な社会で、幸せに暮らしている二人の姿も見たかったです。


切ない純愛ものが好きな方におすすめです。



バーバラ片桐
コメント:意外な真相が・・・
せつない純愛
泣きました
良いです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | バーバラ片桐 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
囚われた極東の華   バーバラ片桐


先日買ったバーバラ片桐さんの「カッサリーノ家の花嫁」が
思ったより良かったので、今回は軍服モノを買ってみました♪

JUGEMテーマ:BL小説
 
----------------------------------------------------------
内容(「BOOK」データベースより)
「服を脱ぐか、立ち去るか、おまえが選べ」―
怜悧な美貌を軍服に包む近衛大尉・尾高は、密使を迎える為異国の地に降り立った。
過去の記憶故に国への忠誠を誓う彼は、女王の命を受けた大貴族アーノルドに
非情な選択を突きつけられる。

命を狙われても尚、束縛を厭い巧みに警護の目を掻い潜るアーノルドに、
尾高は使命の為とその体を投げ出し!?
望んではいない生々しい感触と、他人の手によって導かれる悦楽は、
堪えがたいほどの熱を孕ませ…。
----------------------------------------------------------

この本も思ったより良かったです♪ ★4つ。

アーノルドがちょっと強引に(服を脱ぐか、立ち去るか、おまえが選べ)
尾高を快楽へ導くのですが、自分が楽しむよりも尾高がつらくないように、
尾高のことを第一に考えています。

尾高はちょっと哀しい過去があり、誰にも心を開けない人間なのですが、
アーノルドとかかわることで、少しづつ笑顔が出たり、人間らしくなっていきます。

最後嫌な日本人上官の罠にはめられつらい目にあいますが、
最後はハッピーエンド。


この本、軍服ものですが尾高の女装もあり、思った以上に楽しめました。
(ちょっとHですが)

陵辱ものじゃないので、痛いシーンも少ないですよ。



美形王子系外国人と、黒髪のクールビューティーというカップルが好きな方に
ぴったりです。

尾高が腕が立つところがもっと見られたらなお良かったかも・・・!


おすすめです♪


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | バーバラ片桐 | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
カッサリーノ家の花嫁   バーバラ片桐


昨日本屋さんで見つけて買ってしまった女装花嫁モノBLです♪


JUGEMテーマ:BL小説
 
-------------------------------------------------------
内容(「BOOK」データベースより)
母の通夜に突然現れたセクシーで危険な男セルジオ。
会ったこともない父がマフィアの首領であると告げられた愛矢は、
その首領が彼を娘だと勘違いしていることから、セルジオに花嫁と
して連れ去られてしまう。

「男に手を出すつもりはなかったが、おまえはやたらとそそる」と、
戯れのように触れてくるセルジオの指先は、慣れない愛矢の体から
容易く快感を引き出していく。
理性を根こそぎ奪われるような愛撫は、愛矢を甘く蕩かせていき―。
-------------------------------------------------------


これ、思った以上におもしろかったです!
個人的評価は★4.2

あらすじでは省略されていますが、
実はマフィアの子供だった愛矢は、マフィアの父から莫大な遺産を
譲ると言われるのですが、その条件がマフィアのセルジオとの結婚・・・

そんな遺産いらないって言っても強引にイタリアへ連れて行かれ・・・



よくある話だとは思いますが、細かい設定までしっかりしていて、
主人公が他のマフィアに「実は男だ」とばらされる時も、
意外な展開あり楽しめました。
(あらすじを読むと、ひたすらHな感じがしますがそんなことないです。
 Hなシーンは多いですが・・・)


愛矢と結婚するマフィアのセルジオも、マフィアだけど暴力だけで
主人公を操るのではないのもいいです★


花嫁モノと言えば凌辱ものなど読んでいてつらくなるものもありますが、
これは全然そんなことありませんよ。

主人公の愛矢は女顔がコンプレックスなのですが、
だからバカにされないように気が強くて、性格は男の子っぽいです。


おもしろかったので、バーバラ片桐さんの別の本も読みたくなりました♪



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | バーバラ片桐 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-