楽天
Recommend
Recommend
Category
Profile
Search
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
背徳のマリア  綺月 陣 (著), 茶屋町 勝呂 (イラスト)

ちょっと古い本なのですが、綺月 陣 さんの「背徳のマリア」上下を読みました。
ちょっと・・・かなり・・・衝撃でした。


あらすじはこちら
--------------------------------------------------------------

内容(「BOOK」データベースより)

幸福の絶頂である結婚式の最中に失踪し、突然の自殺を遂げた医師・佐伯彰。
謎を残したまま自分の前から姿を消した親友を思い、早坂圭介の胸中には
解かれることのない苦悩が渦巻いていた。

そんなある日、早坂は彰に生き写しの美貌を持つ女・あきらと出逢う。
言葉を紡がず、けれど早坂から離れようとしない人魚姫のようなあきら。
親友が身を投げた海から現れた彼女は果たして何者なのか―?

綺月陣幻のデビュー作、完全再生。禁断の愛に身を投じた男たちの
切なくも美しい愛を描いた『背徳のマリア』シリーズが全編に大幅加筆修正を加えられ、
今ここに甦る。衝撃の医療サスペンスロマン、波乱の上巻。

--------------------------------------------------------------


ざっくり書くと、主人公の早坂は親友(男)を自殺で失ってしまうのですが、
その後、自殺した親友にそっくりな女性が海からやってきます。



そしてネタバレしちゃうと、そのそっくりな女性は自殺した親友(男)



実はその親友は主人公の早坂のことが好きで好きで仕方がなかったのですが、
早坂は鈍感だし同性を恋愛対象に見ていないので、親友彰の恋心に
まったく気づきません・・・


彰はこの恋愛をあきらめていたのですが、自分の結婚式(政略結婚)の時に早坂が

「もし彰が女だったら自分の女房にしている」

というスピーチをしたものだから、早坂のことがあきらめきれなくなり
自殺(と思わせておいて失踪→性転換)します。



これだけでもかなり衝撃なのに、その後もいろんな事があり・・・
ちょっと暗い話ですが、そんな世界観が好きな方にオススメです。



背徳のマリアの場合は好きな男のために性転換して女性になる男性が
出てくるのですが、女性になりたいと思ってなったわけでもないので、
大好きな早坂に愛されていても苦しむんですよね・・・


もしかして、自分が女の体になったから愛されているのであって、
男のままだったら?と思わずにはいられない。


でも、本当はそんなこと関係なくて、生きてそばにいてくれるだけでうれしい


そういう相手と生きられるって素晴らしいと思います。





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 綺月 陣 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
一億二千七百万の愛を捧ぐ   綺月 陣
JUGEMテーマ:BL小説
 
------------------------------------------------------
内容(「BOOK」データベースより)
新宿の寂れたバーでバーテンダーをしている和久田は、女に貢がれる堕ちぶれた
生活を送っている。
人生を投げ出し、どこか疲れた雰囲気が女の母性本能を強烈にくすぐるのだ。

そんなある日、和久田のバーに人気サッカー選手の槇野が現れた。
そして、かつて和久田もまた国民的な人気サッカー選手であった過去が暴かれる。
槇野にとって、和久田は憧れの人だったのだ。強引に和久田に迫る槇野だが、
どこまでも堕落している和久田を知るほどに幻滅する。けれど、離れることもできなくて…。
------------------------------------------------------

スポーツものってめずらしいかな?と思いつつ、
どうしようかなぁ・・・と思って検索していて、この小説の後日談を発見♪

『一億二千七百万の愛を捧ぐ』   綺月 陣


このショートストーリーが良かったので買ってみました。

そうですね・・・★4.5!
個人的に好みの話です。


都合良い話かもしれないけれど、人生投げ出している男が
生きがいを見つけるようになるのはいいですよ。

主人公の和久田と自分の年齢が近いから共感できたのかも。

憧れが恋愛になるほど好きになってもらえるって
本当に幸せだと思うんですよ。

和久田を救ってくれてありがとう、槇野!


綺月 陣
しっかりと描かれているのです★だから読むたびに新しい感動がみつかります
男前なイラストです!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

posted by: こあら | 綺月 陣 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-